ホーム > 開発事業 > 羅布麻とは


羅布麻とは 中国北部から北西部にかけて自生する植物で、様々な薬理作用がある為に現地では 古来より民間薬として親しまれ続けております。 最近では免疫力の活性作用が報告され、近年特に注目されている植物です。 また、羅布麻から作られる繊維は補足柔軟で強度に富んでおり、非常に優れた天然繊維として活用されています。
未来のくらし、より豊かに
羅布麻と出会い、普及活動に取り組んで20年。全国の方からお喜びと感謝のお言葉をいただいています。当社は、羅布麻事業のトップ企業として羅布麻を通じ、睡眠の研究をしてまいりました。睡眠とは人生の3分の1。量より質、時間より深さが大切なのです。今後とも、皆様の未来のくらしをより豊かにするため、「羅布麻」を通じ、健康とやすらぎを提供してまいります。
幻の植物「羅布麻」が現代に蘇る
天空のシルクロード、タクラマカン砂漠、ロプノール湖。幻の希少植物は、1952年「羅布麻」と命名されました。羅布麻は古来より「神麻」の名前で親しまれ、羅布麻を使用した羅布麻茶は、1990年に中国で医薬品として認可されています。
また、茎からわずか3%しか採れない羅布麻繊維は、希少植物のため、着る漢方として保健商品としても認定されています。日本国内でも数多くの研究機関が羅布麻の研究が行われ、学会等でも多くの成果が発表されています。
羅布麻の天然6大効果 1.快眠効果 2.遠赤外線効果 3.抗菌効果 4.睡眠効果 5.精神安定効果 6.吸放温効果